洋服を選ぶ際に気にしておくべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服を選ぶときのポイントは人それぞれ。
いろんな人に洋服を選ぶときに気にしているポイントを聞いてみました。

インスタグラムでサクッと洋服を選んで購入しています

インスタグラムで広告を見て、そこからサイト購入することが多いです。
好きなブランドをフォローしていますから、新作がでたらすぐに分かるようにしています。
服や小物など、それぞれ好みのブランドが違うので、インスタグラムで情報を一気に集めて利用しています。
普通の通販サイトなら、商品は画像だけで確認というところが多いですが、インスタグラムなら動画も見れるので参考にしやすいのです。
関連するブランドや類似商品もすべてチェックできるし、スマホでいつでも見られる手軽さもあるので、けっこう頻繁に洋服は買っています。
国内海外問わず、いろいろな商品を見て、飽きのこないベーシックな商品を選んでいます。
限定コラボ品などは入手するようにしていて、使わなくなったらフリマアプリでけっこう高値で売れたりするので、後々のことも考えて洋服選びをするようにしています。

縦長重視、洋服に着られない

私は身長がかなり低く140センチ代の為、サイズ選びはかなり慎重に行っています。年齢より下に見られることも多いので、なるべく年相応、少しでも背が高く見える洋服を選ぶようにしています。
トップスは夏冬問わず、丈が長すぎず、ショート丈を選ぶことが多いです。もしくは、ボトムスに前をインしやすいような物を選び、足長効果を心がけています。ボトムスもスキニーパンツか、スカートやワイドパンツであれば足首が出る丈を選び、下を出来るだけ軽く見えるようにしています。また、目線が上にいくよう、ボトムスは黒やネイビーが多いです。
アウターは今流行りのオーバーサイズも可愛いですが、絶対に着られてしまうので、これもショート丈か、ロング丈であればAラインの物を選ぶようにしています。

平均点の高い優秀な洋服を選ぼう

洋服を選ぶとき、まず私達が気にすることといえば、カラーやデザインでしょう。これらが気に入らなければ、その洋服を店頭で手に取ることすらありません。もしも、気に入ったカラーとデザインの洋服があったら、そのデザインや素材がTPOに合っているかも考えます。いくらシルエットが素敵でも、ジーンズ素材の服をオフィシャルな場所に来ていくのは大人の女性ときては不可能です。さらに、素材にもっと注目。素材によっては温かく見えても空気を通して寒いものや、ゴワゴワチクチクして着にくいものもあります。そういうものは購入しても結局着ないままになりお金の無駄になるので購入しないほうがよいです。また、洗濯のしやすさも重要なポイントです。クリーニングのみの服は、できれば避けたいところです

脇汗が目立たない色のみ服

私は基本的に、汗染みが目立ちにくい服ばかりを選んでいます。脱毛をしてから、なぜか脇の汗が結構出やすくなってしまいました。そのため、淡い色の洋服などを着てしまうと、もの凄く目立つのです。カラフルな色合いの洋服も色々と選びたいのですが、すぐに脇汗をかくので断熱しています。大抵、黒や紺といったものばかりです。また、ズボンなどはストレッチがきいていて、ウエストがゴムタイプのものを選びます。少しでもお腹や太ももが締め付けられるのが苦手なのです。以前はレギンスばかり履いていましたが、レギンスだとヒップまで隠せるトップスを選ばないといけないません。少し長さがあるものだと、洗濯後に干すのが面倒なので辞めました。

はみ肉の存在がわからない!

中年になると、とにかく色んなところ(特にお腹やお尻ね)に脂肪がついてしまい、プラス重力で下がってしまうのも分かっていたけれど、胸の脇の肉がこんなにつくとは思いませんでした、驚きです。もちろんバストじゃなくて、脇ですよ脇。
どこからきたこのお肉!!
Tシャツなど、全然気にせず着ていたけれど、今はもう横幅のサイズを気にして購入しないとダメです。
ブラジャーも、ホックが通常の2つから4つある幅が広い物にしました。
そうしないと、前かがみになった時や腕を前にしたときなど、ブラの上にモッコリとした肉があるのが分かります。
これで少しは、わき肉は誤魔化せるけれど、体にピッタリの物はもう着れませんね。
だから今は、洋服を選ぶ基準として、脇肉が目立たない素材の物や、デザインを選んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加